Professional Services

Consulting from the company founded by the original developers of Apache Kafka®

Confluent の知見を活用

Confluent は Apache Kafka を生んだ開発者チームにより創業されました。当社の専門的なプロフェッショナルサービスチームを活用することで、今後の Kafka デプロイメントにおいてベストプラクティスを採用し、既存の Kafka Cluster のパフォーマンスとスケーラビリティを最適化することが可能となります。

当社は、開始からポストプロダクションの立ち上げまで、顧客の各プロジェクト段階に沿ってカスタマイズされた専門的なコンサルティングを以下の多彩な分野で提供しています。

  • アプリケーションアーキテクチャ
  • マルチデータセンター
  • セキュリティ
  • アップグレード
  • ヘルスチェック
  • Amazon Web Services クラウドデプロイメント

また、ニーズに応じて対応内容のカスタマイズも承っております。当社のサービスに関するお問い合わせについては本ページのフォームにご入力ください。

アプリケーションアーキテクチャ対応

新たな Kafka のデプロイメント、あるいは Kafka アプリケーションの開発を予定されていますか?  リアルタイムのデータとストリームに合わせたシステム設計は、時にとても複雑になる場合があります。当社のアプリケーションアーキテクチャ対応では、Confluent のエキスパートが御社の技術チームと協業し、今後に向けた企画段階の Kafka ベースのプロジェクトの精査や既存のデプロイメントの評価を行います。御社チームのプロジェクトが正しく設計・構築されるよう、ベストプラクティスを共有し、設計面でのトレードオフを査定し、潜在的な注意点を提起します。

その内容はお客様のユースケースに合わせたもので、以下を始めとする多彩な分野における推奨やベストプラクティスが含まれます。

  • スケーラビリティと高可用性を実現するシステム設計
  • データ配信および処理を確証するパターン
  • マルチデータセンターデータフローアーキテクチャ
  • 周辺システムとの統合
  • リアルタイムストリーム処理アプリケーション設計におけるアプローチとトレードオフ

マルチデータセンター対応

ディザスタリカバリやジオレプリケーションを目的として、複数のデータセンター (MDC) やリージョンで Kafka を展開されるご予定ですか?MDC コンサルティング対応では、Confluent の Kafka エキスパートが御社の技術チームと協業して MDC の概念を解説し、ベストプラクティスや既知の注意点を共有します。対象となるテーマはアーキテクチャ設計、関連コンポーネントの構成、デプロイ計画、テストクラスタの評価・テストのオプションなどで、実装を成功させるために必要なすべての要素を確実に押さえます。

  • MDC オプション (DR/フェイルオーバー、アクティブ/パッシブ) および MirrorMaker に関する議論と精査
  • 既存の MDC 向けテスト/ステージングクラスタの構成
  • 適切なテストによる構成の検証
  • 問題の監視やトラブルシューティングの方法

セキュリティ対応

システムやデータのセキュリティは、もはや形式的な課題ではなく、あらゆる IT システムの基礎をなすものです。 セキュリティコンサルティングにおいては、Confluent の Kafka エキスパートが組織に特有のセキュリティ要件を理解するために御社の技術およびセキュリティチームと協業し、併せて、Kafka のセキュリティコンセプト、ベストプラクティスや既知の注意点を解説します。 本対応の目的は、御社の目標を達成するためのアーキテクチャ設計と関連するコンポーネント構成を形作ることにあります。内容には以下のテーマが含まれます。

  • 認証
  • 権限の付与
  • 保管時の暗号化
  • コンポーネント間のワイヤレベルの暗号化
  • 監査

アップグレード対応

プロダクション環境の既存の Kafka Cluster を最新版にアップグレードしたり、新機能を活用したり、不具合を修正したいといった要望はありますか?アップグレードに関する対応においては、Confluent Kafka エキスパートが御社の運用・開発チームと協働してアップグレードの準備を支援します。 新機能について詳細に説明し、ベストプラクティスや既知の注意点を共有します。御社の既存のデプロイメントを理解し、運用面で SLA を維持する堅牢なアップグレード計画を定義することが目標となります。

  • エキスパートによるプロダクションアップグレード計画のレビュー
  • アップグレードのプロセスの理解
  • バージョン間の違いの精査
  • SLA の維持

ヘルスチェック対応

Kafka Cluster を使用しており、プロダクション環境へ移行される段階にあるユーザー、またはすでにプロダクション環境にあるユーザーに適した対応です。目標は、Confluent の Kafka エキスパートが御社の技術チームと協業して現在の Kafka デプロイメントの状況と全体的な能力を査定し、組織の現状のニーズに合致するよう推奨を行うこととなります。Confluent の Kafka エキスパートがシステムのメトリクスを鑑識的に分析し、御社の業務上のユースケースや SLA を確認しながら記録を行い、全体像を把握します。本対応においては、以下を始めとし、Kafka デプロイメントにおける重要な側面を多数検討します。

  • スケーラビリティ
  • 信頼性
  • スループット
  • レイテンシ
  • ハードウェア
  • モニタリング
  • 容量の推定
  • ログ管理

Amazon Web Services クラウドデプロイメント

企業によるクラウドプラットフォーム採用の増加、加えてオンプレミスとクラウドのハイブリッド型アプローチへの要望の高まりを背景に、 AWS への Kafka 展開の人気が高まっています。AWS 内には、計算、ストレージやネットワークレイヤーのさまざまな配列が多数存在します。これらはすべて、既存のクラスタのパフォーマンスや動作特性に影響を及ぼす可能性があります。本対応では、Confluent Kafka エキスパートが御社の技術チームと協業し、今後に向けた Kafka と Amazon Web Services (AWS) クラウド展開の精査を行います。当社によるテストと既存のデプロイメントから得られた知見に基づき、御社チームに対して設計上のトレードオフを精査したうえで既知のベストプラクティスを共有し、推奨を行います。以下を考慮し、AWS 内でのプロダクションに最適化された Kafka デプロイメントを目標とします。

  • パフォーマンスおよびストレージの目標
  • オンプレミスクラスタまたはデータシンク/ソースとの統合
  • 複数の可用性ゾーンにまたがるクラスタのレジリエンス
  • ディザスタリカバリまたはリージョン間でのジオレプリケーション
  • 最適な EC2 インスタンスと関連するストレージ容量
  • 最新のインフラストラクチャと構成管理ツールを用いたデプロイの方法
  • セキュリティ要件


詳細についてはお問い合わせください

サイトのご利用状況を把握しユーザーエクスペリエンスの改善へとつなげるため、当サイトでは Cookie (クッキー) を使用しています。Cookie についての詳細を確認するには、また Cookie 設定の変更をご希望の場合は、こちらをクリックしてください。閲覧を続行することにより、当社の Cookie 使用に同意されたものとみなされます。