Stream Governance でイベントストリームの力を最大限に活用 | もっと詳しく

Professional Services

お客様が動き続けるデータ(Data in motion)のユースケースの開発を迅速化し、事業目標を確実に達成できるよう、Confluent の Professional Services チームが必要な専門知識やツールを提供します。

動き続けるデータのためのプラットフォーム

  • 専門知識

    • Apache Kafka® の開発者達が創業した会社によるコンサルティング
    • エンゲージメントとツール全体にベストプラクティスを組み込み
  • 事業価値実現までの時間を短縮

    • 事業上の成果実現を加速
    • 社内対応が可能となるまでの時間を短縮

以下の成熟度モデルは、イベントストリーミングテクノロジーの導入における一般的な成長段階の概要を示しています。

1

Kafka について知る
ストリーミングを理解
  • アーキテクチャ・設計ワークショップ
  • 専門ワークショップ
  • プラットフォームの展開

2

プロダクションへの移行
セキュアな Kafka 環境をセットアップして最初のアプリを構築
  • 事業継続設計ワークショップ
  • プラットフォームの展開
  • 常駐コンサルティング対応

3

重要なニーズを解決
ミッションクリティカルなソリューションの監視と管理
  • アプリケーションワークショップ
  • ヘルスチェック
  • バージョンのアップグレード
  • クラウド移行
  • 常駐コンサルティング対応

4

縦割り構造を打破
業務部門全体でのインフラ・アプリケーションと展開
  • カスタムスコーププロジェクト
  • 常駐コンサルティング対応

5

すべての動き続けるデータ
共有 Kafka を自社で活用
  • カスタムスコーププロジェクト
  • 常駐コンサルティング対応

Confluent の提供する協業

開始時のワークショップから長期常駐のオプションまで、導入の過程全体にわたり柔軟なサポートを提供します。

支援の方法

  • アドバイザリーサービス:詳細を確認し、適切な方向に導きます。
  • 常駐対応:チーム全体に対してベストプラクティスを導入し、目指す成果に向けて一緒に取り組みます。

常駐コンサルティング対応

Confluent の専門チームが事業上の成果の実現を推進します。

カスタマイズされたコンサルティングプランを入手