Stream Governance でイベントストリームの力を最大限に活用 | もっと詳しく

イベントドリブン型マイクロサービス通信

マイクロサービスアーキテクチャを採用することで、組織は速度が遅く、反応性に劣る過去の共有型アーキテクチャを脱し、システムを進化させることができるようになります。Confluent は、あらゆるアプリ、システム、データストア間でのシームレスなデータフローとリアルタイムのマイクロサービス通信を実現するデータ・イン・モーションプラットフォームを提供します。完全版のガイドでイベントドリブン型マイクロサービスアーキテクチャの詳細を確認しましょう。

モノリスからマイクロサービスへ

マイクロサービスが人気の理由

マイクロサービスアーキテクチャを利用することで、非同期通信を行う独立した小さな自律型サービスのコレクションとしてアプリケーションを構築することができます。メンテナンス性が高く、軽量でテスト可能なため、組織のさまざまな制約に対応できる柔軟でスケーラブルなアジャイル開発に最適のアーキテクチャとして人気を博しています。

マイクロサービスにまつわる課題

小さなマイクロサービスのネットワークとして大規模なアプリケーションを提供し、単一のアプリケーションとして機能させるには、リアルタイムのサービス間通信が必要となります。こうしたアーキテクチャでは、マイクロサービスの数が増えるにつれ、レイテンシ、ネットワーク、処理のコストを増やすことなく継続的インテグレーションやデリバリー、拡張性、復元性に関する要件を満たすことが求められるようになり、課題が大きくなります。

効果的なサービス間通信

マイクロサービス通信ソリューションは多数存在しますが、イベントドリブン型マイクロサービスは、懸念事項をシームレスに分離し、ビジネスのアジリティを高め、顧客やユーザーにデータを使いやすい形で提供できる点で最善のソリューションです。

イベントドリブン型アーキテクチャのためのスケーラブルな基盤

マイクロサービスアーキテクチャを採用することで、組織は速度が遅く、反応性に劣る過去の共有型アーキテクチャを脱し、システムを進化させることができるようになります。Confluent は、軽量で効率的、応答性に優れたマイクロサービスアーキテクチャに送信中のデータを組み込む Event Streaming Platform を提供し、イベントドリブン型サービスのバックボーンとして機能します。

データ・イン・モーションプラットフォームを使用したサービスの構築

ストリーミングイベント処理のために構築されたインフラストラクチャでイベントベースの思考を導入

イベントストリームデータセットから共有可能な「信頼性の高い情報源」を作成

あらゆるサービスやロケーションで作成されたイベントを結合させて処理

数千のサービスにも対応できる拡張性

Confluent でシームレスなイベントドリブン型マイクロサービスを実現

Confluent は、あらゆるシステムをイベントドリブン型アーキテクチャで最新化します。イベントが発生したその瞬間にサービスがリアルタイムでデータを更新し、シームレスな統合、データの一貫性、スケーラブルで応答性に優れたマイクロサービスのオーケストレーションを実現します。

組織の規模を拡大

イベントドリブン型のマイクロサービスアーキテクチャなら、異なる事業部門間で分離した複数のシステムも最小限の調整で協働可能に。

費用対効果

永遠に続くモニタリング、設定、メンテナンスの負担からエンジニアや IT 部門を解放。開発コストを節約し、組織の効率性向上につなげられます。

リアルタイムイベントストリーム

データの品質、一貫性、セキュリティを失わずにリアルタイムのサービス間通信とイベントストリーミングを促進。

アジリティとモダナイゼーション

コンテナとアプリケーション間のシームレスなサービス間通信で、モノリシックなレガシーシステムに縛られることなく、組織が最大の価値を提供可能。

幅広いデータの統合

オンプレミスのデータサイロ、メインフレーム、クラウドサービスやサーバレスインフラストラクチャなど、あらゆる場所に格納されたデータを統合。

無限にスケーリング

セキュリティ、耐障害性、拡張性を完全に確保しながら、現在、将来とピーク時のデータ量に対応・管理できるようインフラストラクチャを進化。

Confluent の仕組み

すべてのアプリ、サービスやシステムについて信頼できる唯一の情報源を確立

アプリケーションアーキテクチャは、モノリシックなエンタープライズシステムから柔軟なイベントドリブン型アプローチへと移行しています。Confluent なら、リクエストが発生する前の時点でリアルタイムデータを継続的なデータストリームとして消費することが可能。ストリーム内イベントの取り込み、統合と対応を行う Confluent の力を活用することで、他のマイクロサービスとの通信、アプリケーションの統合、ストリーミングデータプラットフォームにとどまらない機能を実現することができます。

Confluent の強みとは

クラウドネイティブの Apache Kafka

組織全体の中枢神経系として機能するストリーミングプラットフォーム。包括的なデータストリームを活用し、価値を生み出すビジネスロジックに集中できます。

Schema Registry

開発者の生産性とアジリティを向上。既存の契約要件を維持しながら Consumers と Producers を新たなデータフォーマットでアップグレードします。

ksqlDB

マイクロサービス間通信のためのスケーラブルで柔軟、フォールトトレラントでアトミック、かつシンプルなストリーム処理。強力な送信中データ変換でサービス間の相互運用性を確保できます。

マイクロサービスでの Apache Kafka 活用 : Confluent オンライントークシリーズ

マイクロサービスの構築に役立つ主な概念、ユースケースやベストプラクティスを3部構成のオンライントークシリーズでご紹介します。

無料トライアルを開始

Confluent なら、運用パフォーマンスの推進と大規模なリアルタイムデータの力の活用もスムーズ。

Confluent Cloud

完全マネージドサービス

完全マネージド型、クラウドネイティブの Apache Kafka サービス

わずか数分でデプロイ。お支払いは利用された分だけ。データが必要となるあらゆる場所で利用できます。

*最初の3か月間は $200/月分の使用が無料
Confluent Platform

自己管理型ソフトウェア

エンタープライズ対応プラットフォームのパワーを実感!無料でダウンロードできます。

もっと詳しく

マイクロサービス、イベントドリブン型アーキテクチャやリアルタイムイベントストリーミングの詳細、当社のマイクロサービスソリューションの利用開始方法を確認できます。

マイクロサービスアーキテクチャの構築にも Confluent がお役に立ちます。