Stream Governance でイベントストリームの力を最大限に活用 | もっと詳しく

Confluent が提供するリアルタイムの IoT データソリューション

動き続けるデータを最大限に活用し、IoT センサー、接続されたオブジェクトやデバイスからリアルタイムでインサイトを引き出し、運用の改善と競争優位性の獲得につなげられます。

IoT データの処理

コネクテッドデバイスにはデータがつきもの。そのデータからは新たな機会が生まれます。IoT データの膨大な流れを活用することで、企業はデジタルへとビジネスを移行し、新たなビジネスモデルを推進し、効率性の向上と顧客エンゲージメントの改善を実現することができます。ただ、旧来のデータインフラストラクチャがこうした動きを阻むことが少なくありません。

データ量の急増によりシステムが限界に

接続されるデバイスの範囲が広く、ワンパターンのソリューションは通用しない

デバイスへのデータストリーム入力と出力の両方が必要

Confluent が IoT イベントストリーム処理を簡素化

Confluent は、すべてのアプリケーション、システム、IoT デバイスを通じて、従来のデータ統合ツールでの処理には規模や複雑度の点で適さないデータを一元化する継続的なリアルタイムデータ統合を提供します。

無数のサービスを接続

クラウドやエッジを始めとする今日の IoT ソースからストリーミングデータを取り込み、統合。さらに、幅広いプレビルド型の データ Connectors で将来に向けて拡大。

エッジからクラウドまで無制限のデータストリームを処理

中断やデータの損失なしに数百台や数千台のデバイスへ手軽にスケーリングして大容量のデータの取り込み、処理、変換や充実化が可能です。

リアルタイム分析と分析情報を導出

毎秒数百万件のイベントを処理し、リアルタイムでイベントを変換・充実化して監視やアラートに活用。運用効率を向上し、よりインテリジェントな意思決定をスピーディに下せるようになります。

確実に運用

ミッションクリティカルな信頼性を実現し、マルチクラウド環境間でスムーズな移行を実現。機密性、コンプライアンス、安全なアクセスを確保しながらあらゆるプラットフォームへ自動デプロイが可能です。

Confluent を選ぶ理由とは?

アプリケーション開発を加速し、運用負荷とコストを低減してスピーディなクラウド移行を実現 — ビジネスをさらに前へ

開発者の生産性を向上

より幅広い開発者らが Kafka を活用できる環境を整備し、イベントストリーミングアプリケーションの構築スピードを向上。

大規模かつ効率的な運用

組織全体でのデータストリーミング拡大に対応し、高いパフォーマンスと拡張性を確保しながら運用面の複雑化を回避。

自由と柔軟性

オンプレミス、パブリック/ハイブリッドクラウドでベアメタルから Kubernetes までデプロイ。または、Confluent Cloudで完全マネージド型のクラウドサービスを活用。

コミッター主導の専門知識

Apache Kafka® を生んだ開発者チームの構築したサービスの活用で、アプリケーション開発のライフサイクル全体を通して Kafka コミッターと直接協働し世界の最前線で活躍する Kafka のエキスパートによるゴールドサポートを利用。

プロダクション段階の前提条件

プロダクション環境でのイベントストリーミング実装に必要となる、基本的なエンタープライズレベルの属性で、プラットフォームを設計。

経時的にワークロードを段階的にモダナイズすることで TCO と運用面での複雑さを低減

Confluent では、従来のメッセージングパターン (point-to-pointとパブリッシュ/サブスクライブ型ルーティングセマンティクス) に対応し、業務の中断なしに自社に合ったペースでの移行が可能に。充実の Connector エコシステムと Kafka がネイティブで組み込まれたアプリケーションを活用。使用量ベースの課金で、料金はご利用分だけのお支払いとなります。

Kafka イベントストリーミングの活用で次世代の IoT アプリケーションを構築

自動運転車とコネクテッドカー

コネクテッドカーから生成されるデータは、自動車の安全性向上、車両のパフォーマンスや状態の監視、運転体験の変革などに大いに活用することができます。カメラ、レーダー、光による検知と測距 (LIDAR) などの車載センサーからの IoT ストリームをキャプチャし、道路状況や交通パターンを把握することで、適切な運転操作を知らせ、事故の確率を減らし、メンテナンス時期を予測することができます。

Tesla が Kafka で車両に関するインサイトを活用している方法を読む

Audi が Confluent で移動のあり方を再構築した方法を聴く

小売在庫管理

モバイルアプリや顧客のアクティビティを CRM やロイヤリティシステムなどのバックエンドサービス、位置情報、気象情報とリアルタイムで統合して顧客のあり方をコンテキストに沿って把握し、クロスセル、プロモーション、その他の顧客向けサービスを改善。Confluent が、サプライチェーンの最新化、キャパシティ計画の最適化、オペレーションの変革、顧客満足度の改善を支援します。

Kafka が Walmart, TargetNordstromMojix でリアルタイムのオムニチャネル対応を実現している方法をチェック

ヘルスケア分析

緊急治療室での診察で患者情報を収集するモバイルデバイスや持続自己血糖値モニタリングシステムなどのエッジ IoT デバイスは、患者のヘルスケア体験を変革しつつあります。すべてのデータを Confluent のプラットフォームに集約することで、患者ケアの改善、医薬品やワクチンの開発支援、データドリブン型の分析を通じた高度な医療やプレシジョン・メディシン (Precision Medicine;精密医療) を実現することができます。

Humana がリアルタイムの相互運用性でヘルスケアを改善している方法をチェック

産業 IoT と製造業

インダストリー4.0の動きにより、機械、資産や産業エコシステムを相互接続することで効率と生産性の向上を推し進めるスマートファクトリーへの注目が高まっています。Confluent を活用すれば、変わりゆく顧客の要件に合わせた IoT イベントストリームの処理が実現します。製品の調達を効率化し、効率のよい出荷と配送ルートを調整して在庫、物流、製造を変革し、未来のサプライチェーン構築につなげることができます。

Severstal が数 TB の産業機器データを活用してダウンタイムを削減し、効率を向上

スマートシティ : エネルギー、交通、駐車場など

相互接続され、効率的で生き生きとしたひと中心の街を築くには、建物、信号、駐車場、地理空間情報、ビデオ監視システムなど、さまざまなソースからのデータのリアルタイム分析が必要となります。Confluent を活用すれば、すべてのデータをリアルタイムで統合、変換、充実化して安全性を高め、都市計画を改善し、効率性の向上と費用の低減につなげることができます。

Confluent のイベント Event Streaming Platform で作るスマートシティ

Trusted By the World's Leading Organizations

Bosch がデジタル変革とスマートツールの革新を推進

IoT 施策を加速するため、Bosch Power Tools は Confluent Cloud と Apache Kafka をアプリケーションやマイクロサービス間の非同期通信に利用し、イベントベースのリアルタイムストリーミングと永続的なイベントのストレージを実現しています。

Let's Get Started

As founders and original creators of Apache Kafka, we’ve extended Kafka to create a truly secure, resilient and compliant data in motion platform that’s available across hybrid and multicloud environments.

IoTについてもっと知る

ぜひ当社までお問い合わせのうえ、Confluent を IoT データの処理に役立てる方法をご確認ください。